「空き家」 の記事一覧

filter-articles
image-main-article
空き家のリノベーションで生活困窮者をゼロに|合同会社Renovate Japanの貧困と差別への取り組みご紹介

はじめまして! ソシャグ編集部です。この記事では、社会にとって良い活動 = ソーシャルグッドな活動に取り組まれている方にインタビューをして、その活動内容をご紹介します。今回のテーマは「貧困と差別」です。厚生労働省によればホームレスの数は全国で3,800人ほどおり、また住宅喪失者は都内だけでも約4,000人いるといい、生活拠点が確保できない貧困層が増えています。また外国人差別も同様に問題視されており、物件への入居が国籍・人種により断られるケースも少なくありません。そんな貧困と差別問題へ取り組んでいるのが、合同会社Renovate Japanです。Renovate Japanでは全国で増加している空き家の改修を通し、貧困と差別問題の解決に取り組んでいます。今回、Renovate Japanの取り組みを紹介するため、代表の甲斐隆之(かい・たかゆき)様にインタビューを行いました。Q.1 なぜソーシャルグッドな活動を始めたんですか?早くに父親を亡くし、国のセーフティネットに支えてもらった経験、また母の仕事の都合で小学校の後半をカナダで過ごし、その後日本に戻った際に感じた疎外感や文化の違いなどを通し、貧困・外国人差別に関する問題に意識を持つようになりました。また、遺族年金などの制度によって恩恵を受けた身として、制度にたどり着けない・制度を受けられない人を放置したくないという思いや、外国人に対するステレオタイプ・ラベリングを無くしたいという思いがあります。貧困層・外国人に共通して起きている問題が「家に住みたいのに住めない人がいる」ことなのですが、日本には多くの空き家があります。貸し手がそうした人々に対して偏見の目を向けているということもあり、日本では「家が空いているのに、家が足りていない」という理解し難い状況が起きているのです。核家族化・高齢化が進行するにつれて世帯数が増えてきたものの、中古物件の高い維持費や新築主義思考によって中古の空き家も増加し、それらが犯罪の拠点になったり、腐食・崩壊・ゴミ屋敷化したり、オーナーの負担になったりという実態があります。それらの解決策として、空き家のリノベーションから貧困・外国人差別問題について取り組んでいます。Q.2 活動内容を教えてくださいRenovate Japanでは生活困窮者に対して「住み込みで空き家を改修する」という居場所と仕事を提供し、経済的・心理的な安心を確保した上で次のステップへ進む支援に取り組んでいます。こうした私たちのビジネスモデルには以下の三つの特徴があると考えています。特徴1.空き家を改修することで地域社会に貢献日本に存在する空き家は家屋全体の15%近くにのぼり、2033年には全国の戸建てのうち1/3が空き家になるとの試算も出ています。空き家は防災・防犯、衛生、景観等の面から外部不経済の要因となり、地域社会にとっても目に見える形で悪影響を及ぼしかねません。核家族化・高齢化や維持管理費用などの面から増加する空き家を、改修という形から新たな価値を創り出し、空き家改修を通した社会問題解決に取り組んでいます。特徴2.改修中の空き家を提供しセーフティーネットに日本には生活困窮者に向けたセーフティーネットが存在しますが、その拡充は十分とは言えません。例えば生活保護の利用率は2割程度であり、国際的に見てもかなり低い水準なのです。セーフティネットが十分に活用されない背景は、以下のように多岐にわたります。制度を知らず利用できない制度を通し悪質な環境を経験したことがある家庭の事情から難しいそもそも利用できない地域に住んでいる困窮しているのに制度の対象になれないまた外国籍を理由に入居を断られるケースも多く、在日外国人全体の約4割がそうした経験をしているといいます。そうした方々を包括的に支援でき、またオーナー様にとっても改修中に利益が得られるので、双方にメリットを提供できます。特徴3.改修済みの空き家は新たな形で運用・収益化改修後の空き家は、例えばシェアハウス・Eスポーツの合宿所など、あらゆる用途で多くの方にご利用いただけます。また生活困窮者も、住み込みで空き家を改修しつつご利用いただいた上で、就労や適切なセーフティーネットへの更なるつながりも期待できます。もちろん完成後の物件に家賃を支払っていただき、住み続けることも可能ですし、次の空き家改修にご参加いただくことも可能です。Q.3 活動を始めて、どんな変化がありましたか?貧困や差別といった問題にはどこか暗いイメージがありますが、実際の空き家改修はかなり明るく、楽しい現場となっています。大きなトラブルもないため、順調に進んでいることをありがたく思います。また、温かいお言葉をたくさんいただけるようになりました。「まるで家族のようです」「この事業で救われました」「将来は社会貢献がしたいです」など、前向きな意見も寄せられているため、励みになっています。ボランティアの方にもご参加いただけるようになりましたし、今ではオーナー様からも応援を受けております。事業を始めて最初の1件目の空き家を借りるのは大変でしたが、事例を作ったことで、今ではオーナー様からお問い合わせいただけるようになり、大変ありがたく感じています。Q.4 活動を通して、将来達成したい目標はありますか?「タテナオシ」というのをRenovate Japanのビジネスモデルのテーマに掲げ、広く浸透させ社会現象化したいと考えています。また全国に47箇所の拠点を作るのが、今後10年の目標でもあります。その上で課題だと感じているのがマンパワーの確保です。どういう人材をどのくらいの規模で集めるべきか、まだまだ整理が追いついていません。ソシャグでは、社会問題に興味がある人同士をマッチングする機能があるとのことですので、弊社の人材確保にも活用できると期待しています。Q.5 活動に参加したい人や応援したい人へ、メッセージをお願いします!私たちは「誰もが生きやすい社会」を目指しています。この想いに共感いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひご協力いただけますと幸いです。ご興味をおもちの方は下記リンクからホームページ・SNSをご覧ください。お問い合わせもお待ちしております。Renovate JapanTwitter(@RenovateJapan20)Instagram(@renovatejapan)

image-main-article
コミュニティや”つながり”を創り移住促進|秋田県にかほ市 地域おこし協力隊の移住・定住への取り組み

はじめまして! ソシャグ編集部です。この記事では、社会にとって良い活動 = ソーシャルグッドな活動に取り組まれている方にインタビューをして、その活動内容をご紹介します。今回のテーマは「地域への移住・定住」です。ここ数十年、過疎化や少子高齢化に伴う人口減少が地方では問題となっていますよね。人口減少が進むことで、地域での働き手が減少するほか、耕作されない田畑の増大や空き家の増加などの問題が深刻化しているのです。そんな地方の社会課題の解決に取り組んでいるのが、秋田県にかほ市の地域おこし協力隊(以下、にかほ市地域おこし協力隊という)です。にかほ市地域おこし協力隊は「にかほ市移住リエゾン」という移住・定住サポートをとおして、にかほ市の空き家問題、人口減少問題の解決を目指しています。さらに、「にかほ市移住リエゾン」では移住・定住者を増やし、にかほ市全体の活性化をしようとしています。今回、にかほ市地域おこし協力隊の取り組みを紹介するため、「にかほ市移住リエゾン」に携わる小林裕高(こばやし・ゆたか)さんにインタビューを行いました。Q.1 なぜソーシャルグッドな活動を始めたんですか?もともと秋田県井川町に生まれ育ち、同県秋田市内でアパレルの会社で働いていましたが、たくさんの人との出会いや世界的なイベントをとおして、「目の前の相手を喜ばせること」が自分の喜びになっていることに気がついたんです。なにより地元である秋田が大好きなので、「秋田の応援団・協力隊でありたい」と考え、秋田県内の地域おこし協力隊の仕事にたどり着きました。現在は、にかほ市地域おこし協力隊として「にかほ市移住リエゾン」(以下、リエゾン)で、にかほ市の空き家問題、人口減少問題に取り組んでいます。にかほ市では移住者の受け入れを積極的に行っていて、移住定住ポータルサイトによる頻繁な情報の発信や、空き家バンクによる空き家の仲介制度も好評です。市独自の支援制度も充実していて、特に子育て世帯には保育料の完全無償化、副食費の全額助成、18歳まで医療費無料と手厚い制度を設けています。しかし、課題に取り組むうちに、移住者や移住希望者など「すべての人の気持ちにしっかり寄り添えているのか?」という疑問が出てきました。なぜなら、住まいや仕事、暮らし、医療環境、教育・保育環境、家庭環境などなど、一つとして同じ相談内容はなく、暮らしの悩みはまさに十人十色だったからです。そこで、もっと地域と移住者・移住希望者が繋がり、ちょっとだけでも助け合う関係を築くにはどうしたらよいか?と考えるようになりました。例えば、地域の人と移住してきた人を結ぶ場所や、移住してきた人たち同士が情報交換できるコミュニティがあれば、もっと人と人とのコミュニケーションが進むのではないかと考えました。さらに地元の高齢世帯の方から空き家を手放したいという相談を受けた時にも、この「コミュニティ」や「地域での連携」の必要性を強く感じるようになりました。例えば、空き家の相続登記がされていなかったり、家財道具を処分したいのだが高齢だから自分達でできるかどうか不安であったり、「お仏壇、遺影の処分方法は?」など相談内容はさまざまです。移住者・移住希望者だけでなく、地元で空き家を抱える住民の人達の抱える悩みや不安な気持ちに応えられるよう、色んな職種や特技のある人達と繋がっていく場やコミュニティは欠かせないと感じています。Q.2 活動内容を教えてください空き家問題や人口減少問題に取り組む中で見えてきた「コミュニティ」「地域での連携」という課題について、次のような取り組みをしています。取り組み1.「徹底ヒアリング」で移住者・移住希望者の望みの暮らしにフィットした情報を提供町に暮らす人や企業の紹介のほか、希望があれば「移住体験ツアー」を企画し、実際に町の暮らしを体験してもらいます。「お試し移住体験住宅」もあるので、地元のスーパーで買い物して生活してみるなどプチ移住をすることもできます。にかほ市は海と山に恵まれた町で、農業や漁業、林業に興味のある方にはぴったりな町とも言えますし、その一方でものづくりの町という顔も併せ持ち、製造業の盛んな町でもあります。どんな働き方をどんな暮らしの中でしていきたいのか、自分たちリエゾンメンバーが橋渡しをすることで移住者一人ひとりの「にかほ暮らし」をつくり上げていってもらえればと思っています。取り組み2.「ブラにかほ」で移住者と地域の人達との町歩き交流ガイドなどは設けず、参加者の視点や観点で町の風景や地元の人との交流を深めてほしいと思い、この町歩きイベントを始めました。お話しするのが苦手という人がいたら、リエゾンメンバーが間に入り和ませています。また、イベントの様子を動画で撮影しSNSで発信することで、移住に興味のある人たちや、にかほ市出身者に届けるようにしています。動画配信をすることで、故郷への想いやにかほ市への関心に繋げて「故郷にUターンしようかな」「にかほ市に移住してみようかな」と思ってもらいたいという狙いもあります。取り組み3.「にかほ暮らしサポーター制度」で、にかほ暮らしの困りごと・不安解決と地域との繋がりつくりを支援町で暮らす人の「好き」や「得意」を活かして、にかほ暮らし1年生の移住者のお悩みを解決をしてもらおうという取り組みです。2021の冬からスタートし現在100名ほどの住民の皆さんにサポーター登録をしていただいてます。車の整備士、書道の先生、魚屋さん、企業の社長さん、飲食店さん、民謡歌手、保育士さん、高校生などサポーターの「得意」は多種多様です。取り組み4.対面コミュニケーションと動画配信を組み合わせた「空き家情報発信」空き家の情報発信は、地域向けには対面による対話やチラシ渡しを地道に繰り返しながら、移住に興味のある人向けにはVR撮影した映像やYouTube動画での情報発信を強化し、より見やすくわかりやすくしています。SNSでのコンスタントな投稿を続けることが広報となり、視聴者数・問い合わせ件数ともに上がってきています。現在、空き家バンクに登録されている物件の半数が交渉中となっていて、地域での顔が見える関係づくりと分かりやすい動画配信が、「空き家を手放したい」という方の気持ちの後押しに繋がっているように感じます。Q.3 活動を始めて、どんな変化がありましたか?大きく2つのエピソードがあります。1つ目は、移住希望者さん向けにオーダーメイドの「移住体験ツアー」をすることになり、地域のサポーターさんへの協力を求めたこと。2つ目は、課題解決のための活動を通じて、地域の人から直接情報や問い合わせが入るようになったことです。1.ツアー後にかほ市に移住し、新たな生活を送られているご夫婦についてご夫婦からは、「いずれ飲食店をやりたいが、農業と林業にも興味がある」という希望をお聞きしていました。なので、「移住体験ツアー」では、にかほ暮らしサポーターに登録してもらっている農業法人と林業事業者の社長さんとの交流を組み、「実際にどんな働き方ができるのか?」という観点から具体的な年間スケジュールなどを教えてもらいました。社長さん二人には熱心に説明していただき、ご夫婦は現在、林業に携わっています。これは地域の方との横の繋がりや連携を築いていたからこそ実現できた「移住体験ツアー」でしたし、実際に携わっている人達から生の話を聞けたご夫婦は、人生の一大決心である移住を決断されました。多忙な時期にかかわらず、ツアーを快く引き受けてくれたお二人には感謝の思いしかなく、後日リエゾンとして最大級の感謝をお伝えしました。2.地域住民の皆さんからの声掛けが多くなってきた「空き家を手放したい人がいるよ」と直接声掛けされるなんて、今までは考えられなかったことです。でも、「にかほ市移住リエゾン」という存在が認知されるようになって、「にかほ暮らしサポーターになりたい!」という声や、町歩きイベント「ブラにかほ」について「次はどこの地域を歩くの?」という問い合わせがあるなど、地域の関心の高まりを感じています。「にかほ暮らしを一緒に楽しんでくれる仲間が増えてきてるなぁ」と嬉しいですね。Q.4 活動を通して、将来達成したい目標はありますか?リエゾンとして、秋田県にかほ市への移住定住者を増やすと共に、空き家バンクへの登録件数を増やし、放置された空き家を活かせる取り組みをしていきたいです。例えば、空き家を活用した地域住民との交流拠点づくりや、セカンドライフの世帯もしくはセカンドライフの女性のシェアハウスなど、地域の暮らしに根差した空き家の活用ができればと考えています。また一方で、移住希望者の仕事マッチングに課題を感じているので、企業との連携を図り、空き家を社員寮として活用したり、外国人実習生の受け入れ拠点として活用するなど、住居と仕事を組み合わせての課題解決など、夢は広がります。ソシャグでは、移住に興味のある方や企業さん・団体さんとのつながれる機能が提供されると聞いているので、期待しています。Q.5 活動に参加したい人や応援したい人へ、メッセージをお願いします!僕自身、社会の課題を解決するためには、ただやるのではなく、「楽しく」「自分が一番楽しむ」を心がけています。相談者や地域の悩みや不安を解決するのは大変なことも時にはありますが、それを「楽しむ」に脳内変換して「楽しく解決」することを心がけています。秋田県にかほ市では「にかほ市移住リエゾン」が市と移住希望者の橋渡しを行っていて、関係機関や地域住民と連携し、「お試し移住体験ツアー」や「オンライン移住相談」も随時受付中です。活動内容に共感し、ともに活動していける企業・団体さん、仲間、「にかほ市への移住を考えてみたいな」と思ってくれる方は、ぜひ移住定住ポータルサイト「にかほーむ」からご連絡ください。

  • 1