地方創生 で絞り込んだブログ記事一覧

filter-articles
image-main-article
カジュアルに皆が社会課題に取り組める世界をつくる|オプスデータの地方共創への取り組みご紹介

はじめまして! ソシャグ編集部です。この記事では、社会にとって良い活動 = ソーシャルグッドな活動に取り組まれている方にインタビューをして、その活動内容をご紹介します。今回のテーマは「地方共創」です。現在、人口減少や高齢化が日本全体の問題となっていますよね。しかし、地方ではこれらの社会課題が、都心以上に深刻化しているんです。そんな地方の社会課題の解決に取り組んでいるのが、本サービス「Socialgoo(ソシャグ)」の運営企業であるオプスデータ株式会社です。オプスデータは、地域ごとに地元の産品を一箱に詰め合わせたお楽しみBOXの販売を行うサブスク型ECサービス「WAKEAUお楽しみBOX」の運営を通じて社会課題の解決に貢献する地方共創事業を展開しています。さらに、WAKEAUの活動によって得られた声から生まれた、ソーシャルグッドな参加型メディア「Socialgoo(ソシャグ)」を運営しています。また、特にEC関連サービスに関するユーザーニーズや広告効果の分析を得意とするデータサイエンス事業をあわせて展開しており、これらの事業を掛けあわせることで、AIを活用した地方共創を強力に推進しています。今回、オプスデータの取り組みを紹介するため、オプスデータ代表の中野にインタビューを行いました。Q.1 なぜソーシャルグッドな活動を始めたんですか?私はこれまで様々な企業でビジネスに携わり事業や組織を拡大させてきましたが、それは多くの方々からお力添えいただいて達成できたことです。これまでお力添えいただいた方々からの恩送りとして、起業家の支援なども行ってきました。そんな中、新たに起業しようとしていたときに、地方の様々な課題を知ったんです。直売所の売上だけでは、農業を続けられない(農家)漁業の明るい未来が見えず、子どもに家業を継がせられない(漁師)町の過疎化が止まらず、住民サービスがどんどん低下している(役場職員)これら地域の課題を、なんとか改善したい。そんな想いから、企業運営と社会貢献を両立させながら、本気で地方の課題解決に取り組むことを決心しました。Q.2 活動内容を教えてください地方共創事業として、「WAKEAUお楽しみBOX」というネット通販サービスを行っています。各地域の新鮮で美味しい生産物と一緒に、生産者さんの想いや地元をPRする同梱物を毎月お届けしています。また1次産業の生産者さんの課題を解決するために、お楽しみBOXには以下の3つの特徴があります。特徴1.生産者さんは商品準備だけで、ネット通販が開始可能生産者さんがネット通販を始めようとしても、販促やサイト制作、受注管理などに対応する余裕がない、そもそもパソコンやスマホの使い方がわからない、という方が多くいらっしゃいます。そのためお楽しみBOXでは、商品準備以外のすべてをオプスデータが対応しています。直売所で販売するのと同じように、生産者さんは商品を準備するだけで、簡単にネット通販を始められます。特徴2.地域性を付加価値に、生産者さんの適正利益を確保農作物の生産コストが上昇していく中、多くの生産者さんはご自身の利益を削り、これまでと同じ値段で販売を続けています。なぜなら値上げをすると、直売所で顔見知りになったお客さんが離れてしまうのではないか、という不安があるからです。そのためお楽しみBOXでは、生産物と一緒に、生産者さんとのつながりや地域情報などの付加価値もお届けしています。付加価値をBOXの値段に反映することで、生産者さんの適正な利益を確保できます。特徴3.定期購入(サブスクリプション)で、売上の安定化生産物を直売所で販売する場合、生産者さんの売上は来客数に大きく左右され、不安定になりやすいという課題があります。そのためお楽しみBOXは、定額・継続でのサブスクリプションで販売しています。サブスクリプションでは月々の売上が極端に減少することがないため、安定した売上を確保できるんです。その結果、生産者さんの生活が安定するだけでなく生産計画が立てやすくなり、6次産業化に向けた設備投資など、未来への一歩が踏み出せるようになります。Q.3 活動を始めて、どんな変化がありましたか?生産者さんや地域の課題解決に向けて、はじめの一歩を踏み出せたと感じられるようになりました。実際に全国各地を訪問したところ、私たちの想いに共感して、プロジェクトに参加してくださる方がたくさんいらっしゃったんです。生産者さんや地域の方々にご協力いただきながら、2022年6月現在、7地域でお楽しみBOXを販売できています。またこのプロジェクトを始めるまでは、私が東京生まれ東京育ちということもあり、自分が帰れる”田舎”だと感じられる場所がありませんでした。しかし今は、お楽しみBOXを発売している各地域が、私のふるさとだと感じられるようになりました。今は、採れたて新鮮な野菜を生産者さんと一緒に食べる時間がとても幸せで、このプロジェクトを始めなかったら、こんな経験はできなかったと思います。Q.4 活動を通して、将来達成したい目標はありますか?お楽しみBOXを通じて地域と関わる人をもっと増やし、観光や移住、ワーケーションなどのコト消費につなげることで地域を活性化するのが目標です。また、WAKEAUを運営するなかで、私たちと同様に熱い想いを持って、様々な事業に取り組んでいる方々と出会うことができました。私たちの活動もまた「ソーシャルグッド」というくくりの中で同じ想いを持っていますので、それであれば、お互いに協力して情報発信ができないかと考えるようになりました。今後は、Socialgoo(ソシャグ)を活用することによって、より多くの事業者さんと協力しながら「ソーシャルグッド」な活動を発信していきます。これにより、ソーシャルグッドな活動に興味をもつ人々が自然と集まってくる場所となり、みんなで社会課題の解決に取り組める世界が実現できればと考えています。Q.5 活動に参加したい人や応援したい人へ、メッセージをお願いします!私たちオプスデータは、以下の想いをもって活動しています。私たちの想いに共感し、一緒に活動いただける企業、自治体、教育機関、NPO、仲間を募集しております。ぜひ、ソシャグの問い合わせフォームからご連絡ください。私たちと一緒に、社会課題の解決に取り組みましょう。

  • 1