地方創生 で絞り込んだブログ記事一覧

filter-articles
image-main-article
地域の人と協力した魅力発信の場づくりを|くらふとカフェ おすそわ家の地域活性化への取り組みご紹介

はじめまして! ソシャグ編集部です。この記事では、社会にとって良い活動 = ソーシャルグッドな活動に取り組まれている方にインタビューをして、その活動内容をご紹介します。今回のテーマは「地域活性化」です。地方では、人口減少・観光客の減少が深刻です。さらには、地域課題の解決に取り組もうとする企業があっても、その取り組みと地域の人の想いとの間に乖離が生まれてしまうという現実が存在しています。そのような課題を、「魅力の発信」を軸にして解決しようと活動しているのが「くらふとカフェ おすそわ家」です。おすそわ家では、地域に住むからこそ見えてくる課題と魅力を、さまざまな企画とサービスの導入に挑戦することで、「地域の人目線で地域を活性化」させることを目指しています。今回はおすそわ家の取り組みを紹介するため、ワークフローデザイン合同会社の渡辺さんにインタビューを行いました。Q.1 なぜソーシャルグッドな活動を始めたんですか?自分が40代に入ったときに「ふるさと」と感じられる場所を作りたいと思ったのが、この活動を始めた大きなきっかけです。というのも、私は親の離婚後、母子家庭で育ち、親戚とも疎遠でお墓がないため、ふるさとを感じる機会がほとんどありませんでした。ふるさとを作る糸口を見つけようと、周りの人に「ふるさとはどこですか? どんな場所ですか?」と聞いて回りました。その中で出会った中のお一人が、山梨県富士吉田市にコワーキングスペースを立ち上げようとされており、そちらをお手伝いするために私は多拠点居住を始めました。山梨県には、富士山やシャインマスカットなどの観光資源があり、ふるさと納税や移住ランキングでも上位に位置する地域です。そういうこともあり、観光資源に注目した企業が行政と協力し、流行りのワーケーションをはじめとした様々な取り組みを行っています。しかし、その動きに対し、地域の人には「自分たちは取り残されている」「もっと地元のことに取組んでほしい」というお気持ちを聞く機会が多くありました。実際に私は富士吉田市で生活を始めたところ、たしかに、世間が言う「多拠点・地域創生・地域おこし」と現地の人との温度感や視点に、大きなひらきがあることに気がつきました。富士吉田市で暮らし始めて、感じた課題があります。観光客が多いといわれるが、富士吉田市に滞在する時間は短く、経由して他の地域へ行ってしまう。(他の地域に行ってしまうという影響もあり)地域飲食店の利用者が少なく、さらにコロナの影響もあり、地域店は苦境に立たされ店舗数の減少が進んでいる、などそこで私は、地域の人の視点で進めるために、地域のもともとある魅力を発信することで課題解決に取り組みたい、と考えるようになりました。コロナによる地域店の閉店などを目の当たりにし、利用者としての応援ではなく、新しいサービスの形を見つけないと状況は悪化していくと感じたため、実験的に多目的雑貨店をスタートしました。Q.2 活動内容を教えてください富士駅から徒歩1分の場所で、多目的雑貨店「くらふとカフェ おすそわ家」を運営しています。また自店のサービスとして、喫茶・軽食・雑貨販売・PCやスマホのよろず相談(アレコレ教室)を展開しています。それ以外に、自身の経験やスキルを活かして、富士吉田地域での商い全体が盛り上がるような既存の枠にとらわれない取り組みを行い、富士吉田地域の可能性を探っています。おすそわ家では多くの取り組みがあるのですが、その中から4つ紹介します。活動1.地域のハンドメイド作品の魅力をさらに高めるセミオーダーの付加価値をつける富士吉田周辺には、ハンドメイド作品の作家さんが多くいらっしゃいます。地域の人が作成したアクセサリーはとても魅力的なのですが、買う側からすると地域特有のお店が少ないという点から、「人とかぶらないようにしたい」「自分が好みのデザインを探したい」というニーズがあります。この2点のニーズに応えるために、セミオーダーという形で、既存商品のカラーオーダーを受けられるようにしたり、既存商品のパーツを変更・追加したりすることで、フルオーダーに近しい「自分だけのアクセサリー」が手に入るように、商品力を高めるお手伝いをしており、ゆくゆくはネット販売にも進めていきます。これによりアクセサリーに限らず「作った物をただ、並べて売る」という売り方ではなく、売れるためのお手伝いをしています。活動2.イートインスペースとしての店舗開放による地域飲食業への購入機会創出富士吉田周辺は、観光資源が多いためたくさんのイベントがあり、そこに向けたキッチンカーも数多く存在します。また、コロナの影響もあり、固定店舗の飲食店はテイクアウト品の販売を行っています。しかし、キッチンカーはイベントが中止となれば売上げはなくなり、固定店舗のテイクアウトも食べる場所がなければ、食べる場所を確保してからの購入となり、どちらも安定的ではないのです。そこで、おすそわ家の店頭にキッチンカーさんに出店していただき、おすそわ家をイートインスペースとして活用してもらっています。また、固定店舗のテイクアウト品もイートインで飲食可能としています。これにより、キッチンカー・固定店舗それぞれのメニューが偏っていたりしても、それぞれのラインナップが相互に補完しあうようになり、飲み物からデザート、小食向け、大食漢向けにも対応でき、利用促進につながると考えています。当店も、イートインの際は飲食を提供しなくても雑貨の販売につながりますので、メリットばかりです。空地・空き家問題がありますが、そういった問題にも活用できるのではないかと考えております。活動3.wakeauを活用したサービスwakeauというサービスで入手した農作物を飲食メニューに使用したり、来客に無償でおすそわけしたりしています。wakeauは一般消費者が利用する、日本各地の農作物など「食べる」魅力が詰まったお楽しみBOXを提供しているサービスですが、おすそわ家では特別に許可をいただいてこの活動が実現しました。おすそわ家でwakeauのサービスを体験してもらうことで、wakeauサービスを利用する一般消費者への宣伝効果や、将来的には、富士吉田周辺の生産者の方が、wakeauを通して提供側に回れば、生産者の方の新しい販路の獲得につながると考えています。活動4.Otomoniを活用したクラフトビール提供Otomoniというサービスで入手した日本各地の約2,000種類にも及ぶクラフトビールを提供しています。こちらも一般消費者向けのサブスクサービスで、日本各地のクラフトビールを購入できるサービスですが、おすそわ家では特別に許可をいただいて提供しています。おすそわ家でOtomoniサービスを体験してもらうことで、ポップアップストアのようにOtomoniサービスを自宅でも利用したいという一般消費者への宣伝効果や、将来的には、富士山からの湧き水を利用した、地域のクラフトビールの生産者の新しい販路獲得にもつながると考えています。このようなサブスクサービス(一定料金で一定期間のサービスを受けられる)の体験によって、富士吉田でも色々なサービスが受けられるので、地域の人には、この吉田でクラフトビールを多くの種類が飲めると訴求できますし、移住する人にも、都心じゃないから〇〇がない、選択肢が少ない、といったニーズにも応えていけるのではと考えております。Q.3 活動を始めて、どんな変化がありましたか?情報の多面性を強く意識するようになりました。地域社会では口コミの重要度が高いのですが、発信者の所属するコミュニティによって、口コミの見え方も変わります。クローズドな地域社会では、他の地域(つまりコミュニティ)からの意見が入ってきにくく、自分と違う意見の口コミに出会う機会も少ないのが特徴です。しかし、ネット上のSNSにより、新たにネット上にもコミュニティができるようになり、違うコミュニティの口コミで合う機会が増えてきたのが近年だと考えます。それにより上辺だけの「地方創生」という言葉だけではなく、具体的な「何をして地域に何を返すのか」をサービスレベルにまで落とし込むことが、誤解されずに情報を伝達することができるのではと感じています。また、富士吉田市は人口が5万人を切っていて、活動範囲もエリアごとに固まっていたりするので、マーケティングの母数人口が極端に少ないため、傾向をつかみにくく、個別戦略が必要となってきます。ですので、定性的な想いを重要視したマーケティングやプロモーションを進めるようにしています。Q.4 活動を通して、将来達成したい目標はありますか?もともと各地域はとっても魅力的です。ただ、時代の変化に合わせて、魅力の伝え方にも変化が必要なので、そこを飲食に限らずあらゆる業種で地域の人目線で活性化につなげていける、そんな魅力を発信する場所におすそわ家がなれればなと考えています。飲食であれば、安心して地域のお店は後継者が後を継いだり、新規出店が増え、暮らしている人それぞれの「ふるさとの味」と呼べるものが、ずっと地域にある状態を実現したいと思っています。富士吉田周辺地域では、古くからある地域に暮らす人同士の助け合いの精神でまちづくりがなされてきました。今後はその助け合いの中におすそわ家が歯車として入っていけるように、努力を続けていきます。Q.5 活動に参加したい人や応援したい人へ、メッセージをお願いします!色々な想いがあっても実際に「やってみよう」と思い行動するには、超えなければいけないハードルや壁がいくつもありますよね。でもそのハードルは思い込みかも知れず、視点を変えて横から見ると薄っぺらい壁かもしれません。当店の店頭や店内を利用し、まずは「なにかやってみませんか?」コーヒーでも飲みながらお話しできればと思います。「くらふとカフェ おすそわ家」での活動は、Instagramにて最新情報が常に掲載されていますので、ぜひご覧下さい。Instagram(@osusowake4u)

image-main-article
トマトの秘密結社がフードロスを救う|株式会社いっすんぼうしの取り組みご紹介

はじめまして! ソシャグ編集部です。この記事では、社会にとって良い活動 = ソーシャルグッドな活動に取り組まれている方にインタビューをして、その活動内容をご紹介します。今回のテーマは「地方創生」です。あらゆる要素で語られる地方創生ですが、その中でもフードロスが今回のトピックです。大量生産・大量消費が当たり前の現代では、多くの食品が廃棄されていることが問題視されていますよね。そんな地方の社会課題の解決に取り組んでいるのが、株式会社いっすんぼうしです。いっすんぼうしは熊本県八代市の規格外トマトのフードロスに着目し、生産者と協力しながらトマトの新たな価値創造を実現してきました。また社会課題に興味のない方でも楽しく問題を学べるような、思わず目を引くコンテンツも制作しています。今回、いっすんぼうしの取り組みを紹介するため、代表取締役社長の日隈志郎(ひのくま・しろう)様にインタビューを行いました。Q.1 なぜソーシャルグッドな活動を始めたんですか?税理士事務所で働く中で多くの事業所の財務状況を知り、事業継続が難しい方々に対してサポートをしたいと考えたのがきっかけでした。九州では長く事業を続けている企業が多いですが、変化を恐れずに取り組める事業所がある一方で、経営の継続がやっとな事業所も存在します。そこで熊本発の九州創生をテーマに、事業の継続可能性を高めるお手伝いをしたいと考えました。まずは地元の八代市をメインに盛り上げ、その後は九州各県に、ゆくゆくは全国への展開を見据えています。日本では少子化による就労人口減少が大きな問題となっていますが、そうした状況は把握していても、どうしたらいいのかわからないという事業者は多いのが現状です。他者からはシンプルに見える問題であっても、未経験ならば取り組むこと自体が難しいでしょう。そこでいっすんぼうしは持続可能なキャラクターマーケティングなど、自由な発想で心理的に安心できる場所を作り、長く住みたい街づくりの一環として地方創生を盛り上げて参ります。Q.2 活動内容を教えてください社会問題としてフードロスが取り上げられるようにはなってきましたが、いまだその理念が十分に理解されているとは言い難く、生産者にとっても大きな課題となっています。例えば八代市では冬から春にかけてトマトの収穫が盛んとなりますが、これらは大量に販売することで収益が出るビジネスモデルのため、生産に比例して廃棄も大量に出ていました。こうした現状を改善すべく、以下の3つの事業を展開しています。特徴1.フードロス対策として加工食品を製造お伝えした通り、農家では多くの作物について規格外のフードロスが発生しています。大量に作られた作物は売り切ることができずに残ってしまうことも多く、また賞味期限切れで廃棄されることもあります。そこで弊社はトマトの加工品製造を生産者の皆様に提案しています。加工を施すことで賞味期限の問題もクリアすることが可能です。トマトのゼリーやクッキーなどはトマトの新たな美味しさを知ってもらうだけでなく、廃棄となるトマトを削減することにもつながります。特徴2.ECサイトで加工品を全国に販売弊社では多くの利害関係者の方々に利益を分配したいと考えています。そこで加工品を地元のみで売るのではなく、ネットショップで販売しながら全国へ展開することを考えました。また販路を確保しておくことで、加工品に踏み出せない生産者への後押しにもなります。大量廃棄によるロスを減らして新たな利益創出につなげることで、農業従事者の所得拡大にも貢献したいと考えています。特徴3.プロモーションとしてライトノベルを制作いっすんぼうしでは世界初となる「トマトの秘密結社」がテーマの本格ライトノベル「赤き大罪と白い嘘」の制作を発表しました。一体なぜトマトのライトノベルを作っているのか疑問に思われるかもしれませんが、こうした活動を通じてSDGsなど持続可能な社会への概念を楽しく知ってもらいたいという狙いがあります。多くの企業が持続可能な社会活動に重きをおくようになってきましたが、弊社では課題解決のためモノやサービスをただ送り込むのではなく、トマトとコンテンツを一緒に楽しんでほしいと考えています。小さいお子様も一緒になって社会課題を楽しく学べるので、これまでにない顧客層に届く可能性も高まるでしょう。また小説内のシナリオが加工品製造の理由づけにもなっているので、生産者の新たな投資の後押しにもなると考えています。Q.3 活動を始めて、どんな変化がありましたか?トマトのフードロス削減事業に際しクラウドファンディングで呼びかけたところ、多くの支持をいただき目標額を達成することができました。熊本のみならず福岡県の新聞にも事業を掲載いただき、活動の広がりを感じています。また報道で事業を知った小学生のお子さんが感銘を受け、その親御さんからクラウドファンディングに協力いただいたこともありました。他にも夢を叶えるためにお手伝いしたいというお声をたくさんいただいており、励みになっています。若い世代に伝わっているという点は、私自身が小学生の子を持つ親であることからも嬉しく思います。小学生のうちから自分達の社会について考えてもらうことで、少しでも地域創生の理念が継承されると嬉しく思います。Q.4 活動を通して、将来達成したい目標はありますか?ほうれん草のキャラクターといえば「ポパイ」、トマトといえば「タエちゃん」(小説に登場するキャラクター)と思ってもらえるように、作品の知名度を上げたいです。そのために必要な情報発信を、どのように行うかを暗中模索しています。例えばファンクラブのようなものを作って、小説内に登場する秘密結社の工作員を募集するなどしながら、活動の輪を広げたいというプランもあります。工作員の会員証・掲示板・ファンサイトを作るなどして、作品のファンになってくれた方同士がつながりあえるスペースも作りたいと考えています。ソシャグではコンテンツマーケティングやファンマーケティングのサポート機能が提供されると伺っているので、期待しています。Q.5 活動に参加したい人や応援したい人へ、メッセージをお願いします!いっすんぼうしは、地方創生を目的として様々な商品を提供して参りますが、ゼロからの新商品開発は極力行いません。地方のベンダー様が既に持っておられる商材を、市場のニーズに合わせて価値を転換する工夫と、適切な場所へ再投入するお手伝いをします。また今後はより広いエリアの方々と共に活動していきたいと考えています。八代市がより楽しく自由なエリアになっていくと思いますので、ぜひ活動に賛同いただける方は秘密結社の工作員にご応募ください。またSNSでの発信も積極的に行っていますので、ご興味を持っていただいた方は下記のリンクから発信を追っていただければと思います。地方都市生まれの小さな一寸法師の活躍を今後もどうぞご期待ください。株式会社いっすんぼうしTwitter(@LOCAL_INCH_BOY)

image-main-article
カジュアルに皆が社会課題に取り組める世界をつくる|オプスデータの地方共創への取り組みご紹介

はじめまして! ソシャグ編集部です。この記事では、社会にとって良い活動 = ソーシャルグッドな活動に取り組まれている方にインタビューをして、その活動内容をご紹介します。今回のテーマは「地方共創」です。現在、人口減少や高齢化が日本全体の問題となっていますよね。しかし、地方ではこれらの社会課題が、都心以上に深刻化しているんです。そんな地方の社会課題の解決に取り組んでいるのが、本サービス「Socialgoo(ソシャグ)」の運営企業であるオプスデータ株式会社です。オプスデータは、地域ごとに地元の産品を一箱に詰め合わせたお楽しみBOXの販売を行うサブスク型ECサービス「WAKEAUお楽しみBOX」の運営を通じて社会課題の解決に貢献する地方共創事業を展開しています。さらに、WAKEAUの活動によって得られた声から生まれた、ソーシャルグッドな参加型メディア「Socialgoo(ソシャグ)」を運営しています。また、特にEC関連サービスに関するユーザーニーズや広告効果の分析を得意とするデータサイエンス事業をあわせて展開しており、これらの事業を掛けあわせることで、AIを活用した地方共創を強力に推進しています。今回、オプスデータの取り組みを紹介するため、オプスデータ代表の中野にインタビューを行いました。Q.1 なぜソーシャルグッドな活動を始めたんですか?私はこれまで様々な企業でビジネスに携わり事業や組織を拡大させてきましたが、それは多くの方々からお力添えいただいて達成できたことです。これまでお力添えいただいた方々からの恩送りとして、起業家の支援なども行ってきました。そんな中、新たに起業しようとしていたときに、地方の様々な課題を知ったんです。直売所の売上だけでは、農業を続けられない(農家)漁業の明るい未来が見えず、子どもに家業を継がせられない(漁師)町の過疎化が止まらず、住民サービスがどんどん低下している(役場職員)これら地域の課題を、なんとか改善したい。そんな想いから、企業運営と社会貢献を両立させながら、本気で地方の課題解決に取り組むことを決心しました。Q.2 活動内容を教えてください地方共創事業として、「WAKEAUお楽しみBOX」というネット通販サービスを行っています。各地域の新鮮で美味しい生産物と一緒に、生産者さんの想いや地元をPRする同梱物を毎月お届けしています。また1次産業の生産者さんの課題を解決するために、お楽しみBOXには以下の3つの特徴があります。特徴1.生産者さんは商品準備だけで、ネット通販が開始可能生産者さんがネット通販を始めようとしても、販促やサイト制作、受注管理などに対応する余裕がない、そもそもパソコンやスマホの使い方がわからない、という方が多くいらっしゃいます。そのためお楽しみBOXでは、商品準備以外のすべてをオプスデータが対応しています。直売所で販売するのと同じように、生産者さんは商品を準備するだけで、簡単にネット通販を始められます。特徴2.地域性を付加価値に、生産者さんの適正利益を確保農作物の生産コストが上昇していく中、多くの生産者さんはご自身の利益を削り、これまでと同じ値段で販売を続けています。なぜなら値上げをすると、直売所で顔見知りになったお客さんが離れてしまうのではないか、という不安があるからです。そのためお楽しみBOXでは、生産物と一緒に、生産者さんとのつながりや地域情報などの付加価値もお届けしています。付加価値をBOXの値段に反映することで、生産者さんの適正な利益を確保できます。特徴3.定期購入(サブスクリプション)で、売上の安定化生産物を直売所で販売する場合、生産者さんの売上は来客数に大きく左右され、不安定になりやすいという課題があります。そのためお楽しみBOXは、定額・継続でのサブスクリプションで販売しています。サブスクリプションでは月々の売上が極端に減少することがないため、安定した売上を確保できるんです。その結果、生産者さんの生活が安定するだけでなく生産計画が立てやすくなり、6次産業化に向けた設備投資など、未来への一歩が踏み出せるようになります。Q.3 活動を始めて、どんな変化がありましたか?生産者さんや地域の課題解決に向けて、はじめの一歩を踏み出せたと感じられるようになりました。実際に全国各地を訪問したところ、私たちの想いに共感して、プロジェクトに参加してくださる方がたくさんいらっしゃったんです。生産者さんや地域の方々にご協力いただきながら、2022年6月現在、7地域でお楽しみBOXを販売できています。またこのプロジェクトを始めるまでは、私が東京生まれ東京育ちということもあり、自分が帰れる”田舎”だと感じられる場所がありませんでした。しかし今は、お楽しみBOXを発売している各地域が、私のふるさとだと感じられるようになりました。今は、採れたて新鮮な野菜を生産者さんと一緒に食べる時間がとても幸せで、このプロジェクトを始めなかったら、こんな経験はできなかったと思います。Q.4 活動を通して、将来達成したい目標はありますか?お楽しみBOXを通じて地域と関わる人をもっと増やし、観光や移住、ワーケーションなどのコト消費につなげることで地域を活性化するのが目標です。また、WAKEAUを運営するなかで、私たちと同様に熱い想いを持って、様々な事業に取り組んでいる方々と出会うことができました。私たちの活動もまた「ソーシャルグッド」というくくりの中で同じ想いを持っていますので、それであれば、お互いに協力して情報発信ができないかと考えるようになりました。今後は、Socialgoo(ソシャグ)を活用することによって、より多くの事業者さんと協力しながら「ソーシャルグッド」な活動を発信していきます。これにより、ソーシャルグッドな活動に興味をもつ人々が自然と集まってくる場所となり、みんなで社会課題の解決に取り組める世界が実現できればと考えています。Q.5 活動に参加したい人や応援したい人へ、メッセージをお願いします!私たちオプスデータは、以下の想いをもって活動しています。私たちの想いに共感し、一緒に活動いただける企業、自治体、教育機関、NPO、仲間を募集しております。ぜひ、ソシャグの問い合わせフォームからご連絡ください。私たちと一緒に、社会課題の解決に取り組みましょう。

  • 1