お楽しみBox で絞り込んだブログ記事一覧

filter-articles
image-main-article
WAKEAU糸島オンラインプチツアーをレポート!

1 WAKEAU糸島オンラインプチツアーの開催 3月6日、春の日差しに包まれた福岡県糸島市。 「WAKEAU糸島オンラインプチツアー」と題したイベントを開催しました。 2021年1月から販売開始から、消費者のみなさまに糸島の魅力を伝えたい、との思いで運営してきたWAKEAUお楽しみBOX。BOXでは魅力的な生産者さんの作った野菜や食品をお届けしていますが、このBOXに入りきらない糸島の魅力をお伝えするため、ツアーを企画しました。 対面での開催も検討しましたが、新型コロナウイルス・オミクロン株の流行の影響でまん延防止措置が全国的に適用されるという状況に鑑み、オンラインでの開催となりました。 今回のツアーでは、あるときは農家、またあるときは糸島の歴史の語り部、またまたあるときはサックス奏者でもある白石強さんのお話を軸に、糸島市3つの拠点(泉屋六治(農場)、岐志(きし)漁港(かき小屋)、櫻井二見ヶ浦)をつなぎ、1時間の生中継をお届けしました。  このイベントの内幕をレポートします。2 オンラインプチツアーではどんなことが行われた? 事前申込制で開催した、オンラインプチツアー。先着で申し込んでいただいた若干名の方には、白石さんのシナモンティーを事前にお届けしました。 (イベント中、白石さんからオススメの淹れ方をお話しいただき、芳醇な香りのシナモンティーを楽しみながら、お話を聞いていただきました。) 当日は20名を超える方々に参加いただき、①白石さんの糸島の歴史やシナモンに関する逸話のご紹介、②中継先からのリポート、③知っとうかいな?糸島クイズなどをお届けしました。(1)白石さんのお話・糸島の歴史と食の秘密 白石さんによる糸島に関する講演、その一部をご紹介します。 福岡県最西部、福岡市の西隣のまち、糸島市。古くの地名でいえば、怡土(伊都=いと)と志摩(しま)という2つの地域の集合体。なるほど、「いと」+「しま」で糸島になっているんですね。  歴史を紐解くと、3世紀末に著された「魏志倭人伝」の中に「伊都国」の文字が登場します。中国の「三国志」の時代から、一定のまとまりがあった地域だったことがわかります。 糸島市内の平原遺跡(ひらばるいせき)では、このころ(弥生時代)の墳丘墓が見られ、多くの副葬品も出土しており、日本最古の女王の墓ともされています。 なぜ女王が治めていたとわかるのか。それは、副葬品の中から、高貴な身分の女性しか身につけていなかったとされるピアスなどの装身具が見つかっているからです。 この遺跡では、現在も、発掘調査が続いています。 少し深掘り。稲作が始まってからの統治者に求められることは、安定して収穫するために、天候(太陽と雨)を司ることでした。この遺跡から出土したものの中には、太陽光をあしらった「晴天鏡」と、雲をあしらった「雨天鏡」の2種類が。「晴天鏡」は晴れ乞いに、「雨天鏡」では雨乞いに用いられていたと考えられています。こうした出土品から、当時のまつりごとの様子を垣間見ることができます。 さらに歴史を進めると、8世紀後半(奈良時代)には、糸島市と福岡市の境となる高祖山(たかすやま)に、怡土城(いとじょう)という山城が建築されました。建築を主導したのは、太宰府の長官で、遣唐使として派遣された吉備真備(きびのまきび)です。 この山城は、全長25kmにわたる日本最大の山城とされており、この城の門の部分に当たるのが、まさに今、白石さんがいる泉屋六治の農場。たしかに地名が「大門」ですが、まさか古代のお城の門だったとは。 シナモンはこの奈良時代から栽培されはじめた、と言われています。  ここまでは、白石さんに紹介いただいたほんの一部。 さらに糸島の歴史や風土、「食」の秘密について、詳しく知りたい方は、2021年8月に出版されたムック本「知っとうかいな?糸島」をご覧になってみてください(詳細はこちら。) この本は、白石さんを含む糸島市民4名が編集委員となって、様々な文献や史料を深掘りされています。イラストなども交え、親しみやすいながら、かなり読み応えのある1冊となっています。糸島市や福岡市の書店などで販売中です。(2)中継先から 岐志漁港・かき小屋。  まずは、かき小屋の外から、その後小屋の中に移動して、食事のレポートをしました。レポートをしてくれたのは、柚木(ゆのき)重信さん。WAKEAU糸島のお楽しみBOXをコーディネートしています。  糸島のかき小屋は、10月〜3月の冬季にオープンしています。岐志漁港は糸島市内でも最大級で、10数件のかき小屋が立ち並んでいます。この日は、シーズン終盤のかきを楽しもうというお客さんで賑わっており、15時というお昼には遅い時間でしたが、100台近くの車が停まっているほどの盛況ぶりです。 糸島市内では、岐志漁港以外にもかき小屋が並ぶ漁港があります。漁港を巡って、お気に入りのかき小屋を見つけるのも冬の糸島旅の魅力になるかもしれません。 一方、櫻井二見ヶ浦。  穏やかな晴天で、こちらも多くの観光客で賑わっていました。最初は、すぐ目の前に鳥居と夫婦岩(めおといわ)を確認できる砂浜から中継。その後、高台にある園地から、浦の全体像を見ることができます。この高台は知る人ぞ知る絶景スポット。  浜辺には観光客の若者などが多い一方で、高台では地元の家族連れがレジャーシートを敷いてお弁当を広げるなど、少しゆったりとした空気も流れています。二見ヶ浦にお越しの際は、ぜひ高台まで登ってみてください。(3)知っとうかいな?糸島クイズ ツアーの途中には、糸島や白石さんの生産するシナモンに関する問題を全3問出題し、参加者のみなさんにチャットで答えていただきました。・怡土城を建設する際に使われた意外なものとは!?・シナモンの木が日本で自生することになったきっかけとは!? ・シナモンの葉っぱの形は!?  いずれも3択問題でしたが、特に1問目が難しかったようで、事務局で確認したところ、全問正解の方はたった1名でした!(すごい!) 最近WAKEAUに加入したメンバーも事前学習なしで問題に挑戦しましたが、あえなく全問正解ならず。。  (画像にある問題の正解は①です。)(4)質疑応答・ツアー終了後の反応 ツアー終盤には、参加者の方々から多くの質問をいただきました。 地元の方の「オススメ観光スポット」については、柚木さんからはこの時期でいえば、ということで「かき小屋」や「菜の花畑」が、白石さんからは「不動池」が挙げられました。  実際に糸島に観光される際には、交通手段の確保をどう考えるか、が肝になります。 レンタカーで移動するのが一番動きやすいと思いますが、バスなどの公共交通機関を利用する場合、かなり本数が限られますので、事前によくよく時刻表などを確認しましょう。  全行程の終了後、参加いただいたみなさまから、多くのアンケートの回答をいただきました。 糸島の歴史についての白石さんの講演や、かき小屋の食レポが特にお楽しみいただけたようでした。 また、操作面の課題やよりツアー感を出したイベントへの期待など、次回に向けた意見もいただくことができました。 こうした声を踏まえ、今後もイベントを企画していきます。糸島には、白石さんの他にも魅力的なスピーカーがたくさんいらっしゃいます。 こんなイベントがあったら参加してみたい!というようなご要望ございましたら、お気軽にご意見をお寄せください。 改めまして、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!3 ツアーこぼれ話 成功裏に終えたオンラインツアー。その裏側を少しだけご紹介。(1)限界突破!かき小屋食レポの舞台裏 15時から開催したオンラインプチツアー。 スタッフ全員で12時ごろに昼食をいただいて士気を高め、直前の打ち合わせを経て、各中継先に散らばっていきました。(「穂と花」の鯛ラーメン。詳細はこちら。WAKEAUお楽しみBOXでもお楽しみいただけます♪)  柚木さんと中野の岐志漁港・かき小屋チーム。メイン会場にいる司会の關(せき)からの合図に応じて、かき小屋での食事の様子をレポートする予定。せっかくなので、美味しそうに焼けたかきやハマグリをお届けしたい。注文をして、コンロで焼きながら中継が飛んでくるのを待っていますが、なかなか合図が来ません。そうこうしていると、かきやハマグリの食べ頃が来てしまうので、どんどん食べていきます。さらに追加注文。。 最終的に、合計2kgのかきと、その他多数の種類の魚介類を完食、お腹はパンパン。「3時のおやつ」にはあまりにもヘビー、そしてあまりにも豪華なものとなりました。 その日の中野の夕食は、美食の町糸島にいながら、少し控えめになりました。(2)まるで台風中継!?二見ヶ浦でのリハーサル 前日5日の15時。各地から中継をつないでリハーサルを行っていました。 櫻井二見ヶ浦に派遣された鈴木。海では白波が高く立ち上り、高台では木の太い枝も音を立てて揺れ、髪はボサボサに。中継の声は暴風でほとんど聞こえません。雨は降っていないものの、さながら台風中継のようでした。 気象庁のデータでは、5日15時の前原(糸島市中心部)の風速は6.5m/s。数字で見ると、そこまでの強風ではありませんが、沿岸部では風が吹き荒れており「足を踏ん張って立っているのがやっとだった」(鈴木談)。  ツアー当日は、やや風は残っていましたが、晴天に恵まれ、リハーサルからイヤホンマイクを変えることで無事に声もお届けすることができました。(3)直前に猛勉強!伊都国歴史博物館での予習 泉屋六治の農場から、全体の司会進行を務めた關(せき)。講演前に、事前勉強をしよう、ということで、事務局の大橋、鈴木とともに、当日朝から糸島市内の伊都国歴史博物館へ。  白石さんにポイントを説明してもらいながら、メモを取りつつ、歴史をインプット。予習の成果もあり、円滑に進行できました。 当日は朝から張り詰めていましたが、イベント終了後、糸島の海に沈んでいく夕日をみて、1日の疲れが吹っ飛びました。

image-main-article
自己紹介〜WAKEAU糸島出荷担当・柚木重信編〜

・はじめに どうもはじめまして、WAKEAU糸島の出荷を担当している柚木重信(ゆのきしげのぶ)です。今回は私の経歴を兼ねた自己紹介とWAKEAUに参加した経緯を書いていきたいと思います。1982年(昭和57年)生まれ(0歳)1989年(平成元年)小学校入学(6歳)2000年度(平成12年度)高校卒業(18歳)2004年度(平成16年度)大学卒業(22歳)2005年4月~2007年3月福岡県の農業高校(シクラメン担当)                     (23歳~24歳)2007年4月~2016年3月福岡県の農業高校(食品製造担当)                     (25歳~33歳)2016年4月~惣菜畑がんこ商品開発担当(34歳~)2018年4月~福岡県6次産業化プランナー就任(36歳~)2019年12月~福岡県農商工業連携アドバイザー就任(37歳~) 柚木家の長男として生まれ、現在39歳の独身です。地元の農業高校を卒業するまで糸島で生活しました。祖父と父、母は農業を営み、人がやらないことを誰よりも先にやるチャレンジ精神旺盛な母が当時珍しかった農家が直接販売をするイベントに出店していたこともあり、平成元年ごろより手伝いで人前での販売を経験し、人前で販売することの楽しさやお客さんとのやりとりの面白さを経験してきました。愛知県にある大学に進学し、4年間やりたいことを自由にやらせてもらいました。そこで教員免許を取得し、卒業後は福岡県の農業高校で働きました。退職後、母が経営する惣菜畑がんこで商品開発を中心に従事し、福岡県の6次産業化プランナーや農商工連携アドバイザーなどをしております。WAKEAUでは糸島の農家さんや漁師さん、加工をしている事業やの方々の商品をお楽しみBOXに詰めて発送もしております。・WAKEAUとのご縁と今後への期待WAKEAUとのご縁 出会いは2020年8月のことでした。東京にいる先輩から紹介したい人がいるので話を聞いてほしいといわれ、3人でオンライン会議をしたことでご縁をいただきました。そこからWAKEAUの中野さんの熱量と行動力のすごさを実感していくことになります。打ち合わせを終えた後、すぐに「10月に糸島を訪問したいんですがご都合いかがですか?」と連絡をいただき、日程を決定。2日間かけて、糸島の魅力と生産者の方々をおつなぎさせていただきました。近年では注目の都市でもある糸島ですが、課題は多くあります。その課題をひとつひとつ汲み取っていただき11月には第一弾の地域として糸島からスタートしようということになりました。12月にテスト発送を行い、1月にはLPを公開し、受注を受け付け発送がスタートしました。運用していくうえで課題はまだまだありますが、お客様にも恵まれ、多くの反響をいただいております。今年の12月の発送で丸一年間お付き合いいただいてるお客さまも多くおり、WAKEAUのファンづくりのすごさに驚いております。WAKEAUに期待すること 糸島には多くの魅力ある商品があり、それを作っている生産者はもっともっと魅力的です。糸島という地域にスポットがあたることはいいことなんですが、私としては糸島を通じて生産者と消費者をつなげていきたいと常々考えていました。WAKEAUにはその可能性があり、技術的にも可能だと思っています。これからも魅力ある商品とヒトをお客様のもとに届ける手助けをしていただき、お客さまにはWAKEAUを通じてしかできない経験をしていただければと思っております。・ご覧いただいている方々へ つたない文章を読んでいただきありがとうございます。私はWAKEAUという言葉のとおり、お客さまには糸島の商品やここでしかできない経験を提供し、わけあっていきたいと思っております。また、ほかの地域でWAKEAUに参加せれている生産者であれば、私が持つ知識や経験を分け合っていきたいと思っておりますので、気軽にご意見やご質問いただければと思います。ここでは日々の糸島のことやWAKEAU生産者のこと、私がやってきた商品開発に関する失敗談やその後の改善方法など書いていければと思っています。私のコミュニティサイトでの目標は【年間50本の記事を書くこと】ですの読んでいただいた方からのコメントは励みになると思います。よろしくお願いします。・最後に 最後になりましたが、WAKEAU糸島をよろしくお願いします。このコミュニティサイトを通じて多くの方と繋がり、今以上に盛り上がることに期待しています。最後に母のお気に入りの考え方を書きたいと思います。「商品を通じてお客様はファンになり、商品を気に入るとリピーターになる。リピータは生産者を知りたくなり、サポーターとなる。サポーターと末永いお付き合いをするとパートナーとなり、私たちの事業を支えていただく、かけがえのないお客様へとなっていく」多くの方がパートナーとなっていただけるようWAKEAUと共に頑張っていきたいと思います。

  • 1